Welcome to Little Gym Home Page
プロのアスレティック・トレーナーによる確かな運動指導・Ustream番組/セミナーの企画運営
Home 会社概要 地図/アクセス サイトマップ お問合わせ
りとるジムの運動指導(本部)
 りとるジムトップページ
 料金のご案内
 営業カレンダー
 講座、講演ご依頼
 その他のお知らせ
 りとるジムFacebookページ
 ダイエットと体の痛みに
 Facebookページ


ともなアス・トレ ボディエイド事業部
 ともな事業部トップページ
 セミナー情報
 ネット番組「カラダのホント
 スタッフ紹介
 ともなFacebookページ
販売情報
 テキスト
 RICE処置法 無料動画
 救命救急の歌 無料動画
お知らせ

「体幹トレーニング」セミナー
2017年6月18日(日)10:00〜12:30

内容:
体を鍛えるポイントを理解してもらう実技指導です。
体幹だけでなく、トレーンングのポイントは大きく分けて以下の二つ。

・体の中心線(背骨ライン)で体を谷折り/山折りにする
・T4/T5を伸展に屈曲/伸展/屈曲動作を行う

ざっくりしているようで実際に行うと難しく、身に着けるまでは時間がかかります。しかし、これらを理解して、意識できるだけでトレーンング効果は変わります。

場所: りとるジム

参加費: 5,000円(税込み 当日払い)

対象者: トレーナー活動をしている人、スポーツ指導者、高校生以上のアスリート
定員: 10名

申し込み:メールにてお申し込みください。
ittegym73@gmail.com
@お名前
A連絡先(当日連絡のつく電話番号)
Bメールアドレス
C活動内容(トレーナー、指導者、アスリートなど)






りとるジムの運動指導について

「健康的な身体」
「ばねのようなしなやかな身体」
を目指します

スポーツを行っている人もそうでない人も、「生きやすい身体」とは「しなやかな身体」であると感じるようになりました。

これは
 ・体が柔らかい、のとは違います。
 ・筋肉が強い、でもありません
 ・筋肉ムキムキ、でもありません。
 ・持久力がある、のとも違います。

関節や筋肉、それぞれバラバラに鍛えて「強い」「柔らかい」と評価するのではなく、体を一つの物体としたときに「強く」「柔らかい」体であるかどうか、です。

文章で表現するのはとても難しいので、イメージするのも難しいですね。

ある一部分だけを鍛えたり、柔軟性ばかり重視したり、そういった運動指導ではありません。痛みや違和感を最小限に抑え、「健康的でしなやかな身体」を目指します!

ダイエット(痩身)を目的とした指導は行っておりません。

<対象者>
  @20歳〜60歳代まで
  Aウィークエンド・アスリート 〜週末にスポーツを楽しんでいる方〜
  B趣味でスポーツを始めたが、体がついていかず、挫折してしまいそう・・・な方
  C運動大嫌い!でも、体を動かさないといけない・・・と思っている方
  D慢性的な痛みでお悩みの方
  
  Eスポーツ選手
  F音楽家

<こんなお悩みに対応しています>
すべての痛みや、違和感には原因があります。
「坐骨神経痛」を含めた痛みは「症状」であって、「原因」ではありません。症状に対処するだけでは、「改善」とは言えません。りとるジムでは、原因を究明し、改善方法をご提供します。

*残念ながらダイエットを目的とした指導はしておりません。
「なんとなくしっくりこない」
スポーツ選手から一番多く相談されるのは「原因がわからないけど、なにかしっくりこない。」
ケガや痛みをどうにかするのだけが、トレーナーの仕事ではありません!
テクニックの問題だと思っていることが、実際はフィジカル的な問題であることはよくあります。原因不明の調子不良、コーチの要求通りに体が動かないなど、まずはお問い合わせください。
運動不足の改善
「これまで運動を全くしていなかった、できなかった」という方のはじめの一歩をお手伝いします。
スポーツクラブではハードすぎる、ヨガをやろうとしたら硬すぎてついていけなかった、など。ご相談ください。
首の痛み
痛みの原因をさぐり、それに沿って運動を行います。
例えば、ストレートネック、と診断されて痛み止めでしのいでいませんか?改善のために自分でできることはたくさんありますよ。
肩こり
肩コリは精神的なストレスや緊張とは切り離せないといわれています。
仕事で常に緊張している人は、胸や背中(ろっ骨)が動かなくなっています。リラクゼーションとしっかりとした運動を取り入れることでリセット。
膝の痛み
膝の痛みの原因も様々ですが、膝だけをどうにかしようと思っても改善されません。股関節(お尻)の動きや、足首の動きを確認しながら、一部の筋力だけを強化するのではなく、何事もバランスが大切です。
慢性腰痛
腰痛にはタイプがあります。それを見極めることが重要。腰痛は「休養」でけでは改善されません!
不足している筋力をアップさせ、硬くなりすぎている筋肉は柔らかくします。むやみな腹筋運動はやめましょう。
背中の痛み
スマホやタブレットの普及とともに、背中の痛みも増えているようです。運動で姿勢を改善して、痛みを改善しましょう。
足のむくみ
実はふくらはぎだけを鍛えても、むくみはほとんど改善されません。カギは「足」。へん平足、外反母趾などのままではなどもむくみの原因となっています。
猫背/姿勢の改善
「猫背なんですっ!」という方が、猫背ではなかったケースはよくあります。客観的に姿勢をみてもらい、改善の一歩を踏み出しましょう。
肩甲骨の動きをよくする
「肩甲骨を動かそう」という言葉をよく耳にするようになりましたが、肩甲骨は無理に動かすべき関節ではありません。肩甲骨が「自然に」動くような体づくりが大切です。
肩の動きをよくする
肩が上がらない=四十肩、必ずしもそうではありません。
肩が痛い=インナーマッスルの問題、ではほとんどありません。
肩の痛みや違和感を、肩をどうにかすることで解決されることはほとんどありません。
股関節を柔らかくする
股関節はお尻にあります。
目指せ開脚180度!は、残念ながらサポートできません。
柔軟性だけ磨いても、強さが伴わなければ、腰痛はヒザの痛みの原因となってしまいます。
股関節を安定させたい
スポーツ選手から「なんとなく股関節が安定していない気がする…」と自信なさ気がお問い合わせをよくいただきます。
一緒に原因を探します。
運動不足の改善
「これまで運動を全くしていなかった、できなかった」という方のはじめの一歩をお手伝いします。
スポーツクラブではハードすぎる、ヨガをやろうとしたら硬すぎてすいていけなかった、など。ご相談ください。

トレーナーは医者ではありませんので、できないこともたくさんあります。「手に負えない」と思ったときは、信頼できる整形外科の先生や、理学療法士、マッサージ師を紹介いたします。

また、痛みの原因は必ずしも骨や筋肉などとは限りません。内科疾患に思い当たる場合は、迷わず受診してください。

〒157-0062世田谷区南烏山6-27-2 第一りゅうビル201   Phone & Fax 03-5313-6373
**サイト内に掲載されているコンテンツを無断で転載することを禁止します**